進学塾の仕事内容

進学塾で働く場合、その仕事内容のメイン業務は受験対策を軸とした学習指導です。中学や高校、大学の受験に向けた授業を行っていきます。また、内申点を上げるための学校の授業の予習や復習をするというサポートも仕事の一環です。学校の中間テストや期末テストでも、きちんと良い成績を収めることが出来るようにすることも求められます。

生徒や親がなぜ進学塾を利用するのか。その理由は受験対策か学校の成績を上げたいかの2つに絞られます。そのため、進学塾で働く場合にはそのニーズに対して的確にアプローチする必要があります。生徒の中にはモチベーションが極端に低かったり、学習が習慣化されていないという場合もあるので、生徒とコミュニケーションを取ることも重要になるのです。

授業以外にもゲームや各種SNSといったような若者の文化をしっかりと理解していることで、より親密な関係を築きやすくなるでしょう。信頼性が高くなることで成績が上がるというケースも珍しくありません。また、受験に対して不安に感じているメンタルケアも進学塾では行わなくてはなりません。人と人とが関わりあう職業だからこそ、信頼関係を構築するということが非常に大切になります。


◆◇ 当サイト関連の参考リンク ◆◇
生徒に勉強を教える職業としては、進学塾だけでなく家庭教師もあります。家庭教師の仕事にも興味がある人に役立つサイトを紹介します ⇒ 家庭教師なら学研の家庭教師